HOME > よくある質問 > 攪拌機

ピックアップ製品

pick up

prev next
  • 資料請求・お問い合わせはこちら!!
  • 03-3946-3201
  • 03-3946-3210
  • ダウンロード会員登録
  • WEBからのお問い合わせ

FAQ

撹拌機のよくある質問

TCM型攪拌機のシャフトは交換可能ですか?
構造上不可能です。
TCM型撹拌機の製品ページへ

TCM型攪拌機をスラリー液で使用する事は出来ますか?

スラリー液に対応した機種が御座います。

詳細は弊社までご連絡ください。

DC24Vで運転可能な攪拌機はありますか?

御座います。弊社TCMD型攪拌機がDC24Vで運転可能です。

TCMD型撹拌機の製品ページへ

TCMD型攪拌機のNタイプでシャフト長を800mmより短くすることは出来ますか?

TCM型攪拌機を使用できる水位の下限はどのくらいですか?
TCM型攪拌機の場合、水面をインペラ先端より30cm以上でご使用ください。
TCM型撹拌機の製品ページへ

CCM型攪拌機を使用できる水位の下限はどのくらいですか?
CCM型攪拌機の場合、水面をインペラ先端より50cm以上でご使用ください。
CCM型撹拌機の製品ページへ

CGM型攪拌機を使用できる水位の下限はどのくらいですか?
CGM型攪拌機の場合、水面を上段インペラ先端より60cm以上でご使用ください。
CGM型撹拌機の製品ページへ

攪拌機はなぜ空転出来ないのですか?
弊社の攪拌機は高速で回転している物もあり、空転により遠心力でシャフトの曲がりなどが発生してしまう場合があります。
撹拌機の製品ページへ

攪拌機はなぜ回転数の制御が必要なのですか?
撹拌容量に合わせて、撹拌力を制御するために必要となります。

共振域について教えてください。

物体には自由振動した時に現れる、その物体固有の振動数を固有振動数といいます。

その固有振動数と同じ振動数を外部から受けると大きく振動する現象を、共振といいます。

攪拌機の場合、回転数による振動とシャフトの固有振動数が一致した場合、シャフトが大きくブレ(振動して)攪拌機の本体も大きく振動します。

シャフトの固有振動数は“材質”と“重さ”で決まります。

シャフト長が短くなるにつれて共振する回転数が上がっていきます。

Nタイプの標準仕様のチタン・シャフト長800mmの共振域は、だいたい800rpm~900rpmの範囲です。

そのため最低回転数が1000rpmに設定されています。

シャフト長を短くすることも可能ですが、最低回転数が1000rpm以上になり可変範囲が狭くなります。

 

撹拌機に関する導入事例・技術情報

 

製品に関するご質問

 

サポートメンテナンス取り組みバナー

ご購入に関するよくあるご質問

取扱製品・範囲   ご購入・窓口   業務範囲   アフターサポート
  • カタログ登録会員
  • WEBからのお問い合わせ
  • 03-3946-3201
  • 03-3946-3210
  • 製品に関するご相談やカタログ請求、
    デモ機のご依頼などお気軽にご連絡ください。
  • よくある質問
  • カタログダウンロード
  • 貸出機のご依頼
  • ご利用製品のサポート窓口